2014年05月05日

温泉旅行に関する調査

温泉旅行に関する調査
1年に1回以上温泉に行く人は、48%。
温泉1.JPG

温泉2.JPG

温泉3.JPG

温泉4.JPG

温泉5.JPG

温泉6.JPG

温泉7.JPG


■Q7.良かった温泉やおすすめの温泉、あなたの温泉旅行のエピソードなどがあれば教えてください。

静岡県伊豆の「漁火」。旅館の方の対応もよく、部屋に源泉かけ流しの温泉があるのは素晴らしい。
部屋までごはんを運んでくれたこともよい。ただ、場所がわかりづらいことが難点。(神奈川県:20代男性)

熊本県の阿蘇ファームランドに家族旅行で行きました。温泉はめぐりきれないほどたくさんの種類があり、
かまくらのようなところを一つ一つめぐっていくのがとても楽しかったです。宿泊地も家族ごとにドームの
ようなものがあたえられて、一つの街みたいだったし、温泉以外の施設も充実していて、阿蘇ファームランドだけで、十分阿蘇を満喫できました。(福岡県:10代女性)

秋田県乳頭温泉郷、蟹場湯。自然の中で源泉かけ流しの露天風呂がある。
冬は雪見の露天風呂が素晴らしい。
(秋田県:50代男性)

長野県松本市の白骨温泉。雪景色の中の露天風呂はとても気持ちよく、硫黄のにおいが永く続くので温泉に行った気分も長く続くような気がします。(長野県:30代男性)

兵庫県の城之崎温泉は流石文豪も愛した温泉と思った。佇まいは近代的な旅館が一切無く、和の風情をちゃんと生かしていたので海外勤務から帰った義兄もゆったりリフレッシュ出来たと満足していた。
(大阪府:40代男性)

大分県別府温泉。近い範囲に泉質・雰囲気の違う温泉が密集している。どの温泉も源泉ならではの匂いと肌のすべすべ感が味わえる。ドライブをしていても、温泉の硫黄が湧き上がるけむりをあちこちに見えて、気分も満たされる。(東京都:30代女性)

昭和ロマンの漂う、銀山温泉(山形県)が良かったです。街並みも、夜の雰囲気も、温泉もとても良かったです。思いがけず出た米沢牛が凄く美味しかったです。(埼玉県:50代女性)

指宿温泉。お湯につかるのではなく砂にうもれて寝ころぶというのは他の温泉とはひとあじ違った経験。脈がトクントクンと打つのが分かる。汗だくになって、老廃物がでたような感じがする。(大阪府:60代女性)

東京都新島村の式根島、「地鉈温泉」。海水で温泉をぬるくしてじゃないと熱くて入れない。海水で薄めるため、干潮時は入れないが、地球の壮大さを感じられる景観がなんとも良い。ただ、階段でだいぶ下っていく必要があり、温泉に浸かってから階段を上がるのは少々辛い。(青森県:40代男性)

露天風呂が充実している温泉地が良い。鳥取県の皆生温泉は日本海と大山の両方が望めて、
ゆったり出来た。(広島県:50代男性)

大分県湯布院温泉。泉質は別府の方が良いのではないかと思うが、雰囲気は湯布院の方が格段によい。個室に源泉かけ流しの湯があるところに夫婦・母・孫と泊まったが、湯もよく、料理もよく、窓からの由布岳、田圃の中をのんびり走る列車の眺めも最高だった。盆地の狭小さがまた良い趣をもっている。(大阪府:60代女性)



「ライフメディア リサーチバンク調べ」
温泉旅行に関する調査より
http://research.lifemedia.jp/2013/02/130213_spa.html


ライフメディアへ登録














posted by 伊達メガネ at 16:17| Comment(0) | 温泉旅行に関する調査 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年04月30日

紫外線に関する調査。

紫外線に関する調査。
男性の37%、女性の76%が「紫外線対策をしておけば良かった」と思っている。

紫外線.JPG

調査サマリー
■10代から60代の全国男女に対し、紫外線対策が必要だと思うか尋ねたところ、
女性の58%は「とても必要だと思う」と回答したのに対し、
男性で「とても必要だと思う」と答えたのは11%程度だった。
男性の23%、女性の3%が「必要だと思わない」と回答しており、
女性より男性の方が、紫外線対策を必要としていないことがわかる。

■10代から60代の全国男女に対し、紫外線対策をしているか尋ねたところ、
女性の88%が紫外線対策をしている一方、男性73%が「特に紫外線対策はしていない」と回答した。

■紫外線対策をしている人に対し、どのような対策をしているのか尋ねたところ、
「日焼け止めクリームを塗る」が78%でもっとも多い結果になった。
続いて男性は「帽子をかぶる」、女性は「UVカット効果のある化粧品を使う」が上位に。

■紫外線対策をしている人に対し、なぜ紫外線対策をしているのか尋ねたところ、
「男性は「皮膚がんの予防」「日焼けによる皮むけの予防」が上位になっているが、
女性は「しみ、そばかすなどの予防」が上位になった。

■紫外線対策をしている人に対し、紫外線が気になる体の部位を尋ねたところ、
「顔」が87%でもっとも多かった。

■紫外線対策をしていない人に対し、理由を尋ねたところ、
「紫外線対策をするのが面倒だから」が63%でもっとも多かった。

■10代から60代の全国男女に対し、過去に紫外線対策をしておけば良かったと
思うことはあるか尋ねたところ、男性の37%、女性の76%が「思うことがある」と回答した。

◆2012年5月公開の紫外線に関する調査結果はこちら
◆2010年5月公開の紫外線に関する調査結果はこちら

紫外線2.JPG

紫外線3.JPG

紫外線4.JPG


紫外線5.JPG

紫外線6.JPG


ライフメディアへ登録


「ライフメディア リサーチバンク調べ」
紫外線に関する調査より
http://research.lifemedia.jp/2014/04/140430_sunburn.html
posted by 伊達メガネ at 22:04| Comment(0) | 紫外線に関する調査。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする